監修者紹介

監修者紹介

Miho Nakazono
中園ミホ

中園ミホ Miho Nakazono

東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、コピーライターを経て、14歳より師事していた今村宇太子氏のもと、占い師として活動を開始。政治家や大企業の社長らを日々占っていた。

その後、88年に脚本家としてデビュー。『For You』『Age,35 恋しくて』『やまとなでしこ』『anego』などテレビドラマを中心に数多くの作品を執筆し活躍。07年に『ハケンの品格』が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞と橋田賞を受賞。14年はNHK連続テレビ小説『花子とアン』を執筆、高視聴率を記録するなど話題となる。また、18年は大河ドラマ『西郷どん』の脚本を担当した。

脚本家として活動しながらも、常に占い師としての思考を持ち合わせており、自身の活動指針においても占いは大切な要素であった。また、多彩な著名人や芸能人との出逢いの中で、成功者と呼ばれる人が運気を捉える才能にとても長けていることを目の当たりにし、独自の「幸運のつかみ方」を考えるに至った。ドラマ制作の現場においてもスタッフや出演者を占い、本業の裏で『中園ミホの占いが当たる!』と心酔するものが続出。今回、一部の関係者のみでしか占わなかった占いをはじめて解禁する。

  • 恋愛大好きですが、何か?(2007年、光文社)
  • 売れる小説の書き方。(2009年、ぴあ)
  • ぐーたら女の成功術(2016年、文藝春秋)
テレビ・ラジオ
  • NHKスペシャル「1000人にきく ハケンの本音」(2007年/NHK総合)
  • ETV特集「ドラマは女がつくる」(2010年/NHK教育)
  • ボクらの時代(2010年/フジテレビ)
  • ディープピープル(2011年/NHK総合)
  • あさイチ(2014年/NHK総合)
  • SWITCHインタビュー 達人達(2014年/NHK Eテレ)
  • 第65回NHK紅白歌合戦(2014年/NHK総合) ゲスト審査員
  • NHKスペシャル「戦後70年 ニッポンの肖像」(2015年/NHK総合)
  • 美輪明宏薔薇色の日曜日スペシャル 愛の手引き2015(2015年/TBSラジオ)
  • さんまのまんま(2015年/関西テレビ)※
  • 情熱大陸(2015年/TBS)
  • 徹子の部屋(2016年/テレビ朝日)※
  • アナザースカイ(2016年/日本テレビ)
  • ゴロウ・デラックス(2016年/TBS)※
  • サワコの朝(2016年/TBS)※
  • Qさま(2016年/テレビ朝日)
  • ぴったんこカン・カン(2017年/TBS)※
  • クローズアップ現代+(2019年/NHK総合)

※番組内で出演者を占う

新聞・雑誌
日本経済新聞「なやみのとびら」(連載中)、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、週刊文春、週刊新潮、週刊朝日、AERA、婦人公論、クロワッサン、日経WOMAN、VOGUE、HERS、BAILA、Precious、Domani 等
  • ニュータウン仮分署(1988年、テレビ朝日)
  • 白鳥麗子でございます!(1993年、フジテレビ)
  • For You(1995年、フジテレビ)
  • Age,35 恋しくて(1996年、フジテレビ)
  • 不機嫌な果実(1997年、TBS)
  • やまとなでしこ(2000年、フジテレビ)
  • スタアの恋(2001年、フジテレビ)
  • ぼくが地球を救う(2002年、TBS)
  • anego[アネゴ](2005年、日本テレビ)
  • ハケンの品格(2007年、日本テレビ)
  • ナサケの女 ~国税局査察官~(2010年、テレビ朝日)
  • 下流の宴(2011年、NHK)
  • はつ恋(2012年、NHK)
  • Doctor-X 外科医・大門未知子(2012年~、テレビ朝日)
  • 花子とアン(2014年、NHK連続テレビ小説)
  • Dr.倫太郎(2015年、日本テレビ)
  • トットてれび(2016年、NHK)
  • 西郷どん(2018年、NHK大河ドラマ)