marouge_icon_tate_white

占い師プロフィール

中園ミホ 女の絶対運命
中園ミホ
東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、コピーライターを経て、14歳より師事していた今村宇太子氏のもと、占い師として活動を開始。政治家や大企業の社長らを日々占っていた。

その後、88年に脚本家としてデビュー。『やまとなでしこ』などテレビドラマを中心に数多くの作品を執筆し活躍。07年に『ハケンの品格』が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞と橋田賞を受賞。14年はNHK連続テレビ小説『花子とアン』を執筆、18年は大河ドラマ『西郷どん』の脚本を担当した。

ドラマ制作の現場においてもスタッフや出演者を占い、本業の裏で『中園ミホの占いが当たる!』と心酔するものが続出。今回、一部の関係者のみでしか占わなかった占いをはじめて解禁する。
公式サイト:
中園ミホ 女の絶対運命
あなたの運命を確かめませんか?

今すぐ入会